苦手なあいさつ必勝法!印象アップするあいさつの方法とは?

ぼっちママ

こんにちは!みにぃ( @minimini_041006 )です!

  • あいさつをしても無視されたので、嫌われてる気がする
  • あいさつの仕方がよくなかったのかな…

と、幼稚園ママへのあいさつでお悩みじゃありませんか?

私はどうなの?と言うと、どんどん幼稚園に登園する時間が遅くなっていき、とうとう園ママさんたちに遭遇しなくなっています…^^;

そんな私も以前はママ同士のあいさつにいちいち緊張して、それは朝が憂鬱だと思っていたことがありますよ。

あいさつを返されなかったことによって、”無視をされた”と相手のママに対して疑心暗鬼になってしまったこともあります(誤解だったようですが)。

みにぃ
みにぃ

嫌われてる?あいさつの仕方が良くなかった…?

そんな悩みをもっていた私ですが、今ではすれ違う園ママさんたち(少数ではありますが)に、以前より自信を持ってあいさつをできるようになりました

どうして私があいさつの悩みから解き放たれたかというと…

それは下の3つのことを学んだからです!

  • きちんと相手の顔を見て、あいさつは自分から!を心がけよう
  • あいさつをアレンジ!の上級技。+αを付け足す
  • あいさつを返されなくても色々妄想を膨らませない

この3つです♪

この3つを頭の奥にしまっておけば、 園ママへのあいさつに苦手意識があるあなたも、だんだんと自信を付けて声掛けができるようになっていきますよ。

今回の記事は

幼稚園送迎の時のあいさつが上手くできていない気がする…

という人には特に読んで欲しいです。

では、これから解決につながる3つのことを説明していきますね^^


きちんと相手の顔を見て、あいさつは自分から!を心がけよう

人の顔を見るって、恥ずかしいし緊張しますよね。
私もそう思って、つい話すときは目をそらしてしまいがちです。

でもずっと話続ける時とは違い、あいさつは一瞬。
一瞬だからこそ、目をそらしたりせずにきちんとした態度であいさつした方がよいでしょう。

どうして相手の顔を見ることがそんなに重要なの?

相手ママの顔を見てあいさつをしないと、せっかく勇気を出して言っても

  • 誰に言っているのかわからない
  • 気づいてもらえない

といったことも…。

それどころか、下を向いていたり目をそらしてしまっていると言った相手ママにあまり良くない印象を与えてしまいます。

せっかく勇気を出してあいさつをしたのに、これでは非常にもったいないですよね( ;∀;)

あいさつをする一瞬は

”相手の目をきちんと見て、さりげない笑顔と明るい声”を心がけるようにしましょう!

みにぃ
みにぃ

笑顔が引きつってしまいそう…という人は口角だけでも上げるように自分の心に言い聞かせてみてください^

あいさつは一瞬で親しみと礼儀をアピールできるアクション

もし自分があいさつされる側だと思えばどうでしょう?

幼稚園の送迎の時、誰かと顔を合わせても知らん顔をされたら…。
正直、気分は良くないですよね。

自分がされたら嫌だな、と思うような態度を自分もしないように気を付けるだけでも素敵な挨拶に近づく第一歩を踏み出しています!

また、つかの間の時間ではありますが、きちんとしたあいさつは

同じ園ママであるという親しみや礼儀を、簡単にアピールできる行動なんです。

気持ちのいいあいさつを心がけ実行できるようになれば、お互い気持ちが爽やかになり、相手ママにも好印象になりますよ^^

親しくなりたいママがいたら…あいさつに+αを足してみよう

もし、すれ違う園ママに仲良くなりたい人がいたら、一言のあいさつだけでは少し物足りないかもしれません。

コミュニケーションのレベルアップするつもりで、あいさつに+αを付けてみましょう!

あいさつは自分から先手を取ろう!

親しくなってみたい相手がいたら、もう少し勇気を出して自分からあいさつをしていきましょう。

相手から声をかけてもらうのを待っていては前に進まない…というのはあいさつ以外のコミュニケーションでも言えることですよね。

気になるママに自分から声をかけ、あいさつをすることで

  • 親しくなりたいという気持ち
  • 積極性

をアピールです!

みにぃ
みにぃ

あいさつの先手を取り、仲良くしたいママとの心の距離をぐっと縮めましょう♪

あいさつにもう一言バリエーションを付ける

声かけが慣れてきたら、あいさつにもう一言足すなどバリエーションを付けてみましょう。

あいさつ+たった一言、からで全然よいです!

(あいさつバリエーション例)

  • あいさつ+気候・季節ネタ(例・おはようございます!今日は暖かいですね~)
  • あいさつ+園(学校)イベントの労い(例・こんにちは。先日はおつかれさまでした!)
  • あいさつ+一緒にいるお子さんにあいさつ(例・おはようございます。行ってらっしゃい!(←一緒にいるお子さんに言う))

いつものあいさつに一言付け足すだけでも、感じが良く気が利くママを演出でき、相手に親しみを持ってもらえると思います。

あいさつに一言付け足すことに慣れてきたら、他にももう少し言葉を付け加えてみてもいいですね。

みにぃ
みにぃ

徐々にレベルアップをしていってください♪

あいさつを返されなくても色々妄想をしない

明るいあいさつができればいいのはわかるけど

  • 無視されたりしたら嫌だ
  • ママさん集団にはあいさつしたくない

とどうしても不安な気持ちが捨てきれないといったこともありますよね。

にこやかにあいさつしていれば、間違いなし

あいさつしたのはいいもの、相手ママから挨拶が返ってこなかった…。
正直とても残念な気持ちになるのはわかります。

私も園ママに挨拶をして返されなかったことがあり、色々妄想を膨らましてしまったことがありました。

みにぃ
みにぃ

結局その後、そのママから普通に挨拶を返され、ただの取り越し苦労で終わりました…

しかし相手に挨拶を返されなかったと言って、自分も同じ態度を取ってしまったら

  • 嫌な感情がお互いエスカレートしてしまう
  • ただの勘違いだった時は気まずくなるだけ

と、いい方向に転がることはありません。

あいさつを返してもらえないという事があっても、自分は変わらずあいさつを続けていた方が賢明です。

自分が思うより自分のことは気にされていない

園ママ集団に限らず、女性の集団は正直少し怖いものですよね^^;

実は、現在小学生の長男が幼稚園生だった時、噂好きのママさんに何度か捕まってしまったことがありました…。

ただ、話している内容はほとんど子供や園に関する話で、園ママの噂とかはほとんどなかったです。

みにぃ
みにぃ

自分のことをあまりペラペラと話していなければ、噂の材料になりようもないですよね

自分が思うほど、あまり他人は人の事を気にしていないもの。

やましいことをしていなければ、他人から評価や噂を気にするのは時間がもったいないです。

園ママ集団がいてもオドオドせず、颯爽と挨拶をして堂々と去りましょう。

まとめ

上記の3つのことを抑えておけば、あいさつの仕方が悪かった? 無視されて嫌われている気がする、 という悩みは限りなく減らすことができると思います。

もう一度、あいさつの仕方で少し変えてみたほうがいいと思うところがないか、見直してみてくださいね♪

わたしは今の方が、園ママに対するあいさつの苦手意識は無くなり、毎朝緊張して疲れることが減りました。

まずはあいさつでコミュニケーションのレベルアップを目指していきましょう♪

合わせて一度読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました