ぼっちママみにぃの徒然ブログ
~ADHDのぼっちママが日常で思ったことを語ります~
ぼっちママ

ママ友って何だろう?ママ友と友達の違いをぼっちママが考える

こんにちは!
いつも元気な”ぼっちママ”みにぃです。

あなたは今日、幼稚園のママ友さんや他のママに会いましたか?
…え?会ってない?もしくは話していない…?

大丈夫!私はしょっちゅう、いや毎日ですよ!

友達と言える人ならごく少数いるのですが(笑)

 

ママ友と友達の違いとは


私の他にも友達はいるのに、ママ友はいないという人もけっこういるんじゃないでしょうか。

そもそもママ友と友達って何が違うの?
という素朴な疑問を考えてみたいと思います。

友達とは、”自分”と”相手”との信頼関係

友達関係とは自分と相手がお互いに信頼ができて自然にできた交友関係ですよね。

自分と相手(友達)との間には何にもなく、”あなた”と”相手”というお互いの内面を分かったうえで親しくなっているでしょう。

  • 気が合う人
  • 趣味が合う人
  • 気兼ねなく相談できる人

だけ選んで付き合っていても、それほど問題もありません。

学生時代などは家や年齢が近いという共通点もありますね。

 

友人関係であなたがもし何か失敗することあっても、影響があるのはほぼ自分だけで家族にまでそのダメージがが及ぶことはあまりありません。

対してママ友とは?

それに対し、ママ友というのはあくまで”自分の子供”を通したお付き合いになります。

  • 年齢
  • 育った環境
  • 子供を産むまでの過ごし方

 

と殆どが異なっていて”子供同士が同じ遊び場、幼稚園(学校)ということしか共通点がないのです。

ママ同士がお互いのことをよく分かっていないうえで子供を通した付き合いが生まれるので、手探りのコミュニケーションから始まりますね。

子供が学校や幼稚園という集団生活に行く以上は、人づきあいが苦手かどうか関わらずママ同士の関わりは少なからず持つことになるでしょう。

 

ママ友付き合いで気を付けるべきこととは?

ママ友付き合いでは自分(ママ)の印象=子供のイメージという風になりがちなのでなるべくトラブルを起こさないことが大切ですね。

トラブルでさけるためのママ友付き合いで気を付けた方がいいポイントは

  1. 礼儀とマナーには気を付ける
  2. 他のママのことや、先生の噂話は発言を避け
  3. 程よい距離感を保つこと

 

この三つです。

①はあなたの第一印象をイメージ付けします。礼儀がマナーがなっていないと、「なんだ?この人は?」という目で見られてしまいますよね。
マナーがきちんとなっていれば、多く話さなくてもきちんとした人として見られますし”感じが良いママ”という印象になりますね。

②は噂話は友達の間であっても避けるべきことですよね。
面白おかしく話が盛り上がるのは一時だけ。
残るのはあなたが口が軽い人という悪いイメージだけです。

③は特に大切にすべきことだと思います。
仲良くなりたい人がいたとしても、領域を踏み込みすぎてはいけません。
最初から馴れ馴れしいと逆に怪しまれることもありますし、プライベートのことを自分から聞いたりするのはもってのほかです。
最初は明るく挨拶からの最低限のお付き合いをしていきましょう。

「ママ友」と「友達」は別物としてとらえよう

ママ友は子供を通しての付き合い。
”友達”のように自分と気の合う人とだけ交流するというわけにはなかなかいきませんね。

”保護者”対”保護者”の付き合いなので、節度とある程度の距離感をもってお付き合いすることが大切です。

 

小さなころはママ同士が仲が良いと子供にも影響してきたりしますが、子供が大きくなるにつれその影響力もだんだんと小さくなってきます。

子供の環境が変われば自然にママ友付き合いも疎遠になるもの。

 

ママ同士の交流が辛いと思っている人も、保護者同士の付き合いとして割り切って、程よい間柄でつきあえたらいいですね。

 

まとめ


いかがでしたか?

私はママ友と友達の違いを以下のように考えてみました。

要点まとめ
  • 友達は自分と相手との間の信頼ができ仲良くなった関係
  • ママ友は保護者対保護者の付き合い。踏み込みすぎないこと
  • 友達とママ友は別物。トラブルは避けて節度を持ったお付き合いを

もしあなたにママ友が出来そうになったら、「保護者同士」であるという事を念頭に置いてトラブルをなるべく避けてお付き合いするようにしてくださいね。