ぼっちママみにぃの徒然ブログ
~ADHDのぼっちママが日常で思ったことを語ります~
ぼっちママ

人見知りが仇となる!?こうして私はぼっちママになった

オタク寄りの影キャラ系ぼっちママの私

この世にはキラキラママがいっぱい。
インスタもそういう投稿で溢れています。

 

ではそうではない、

  • 大勢にいるのが苦手なぼっちママ
  • 目立つこととは縁遠い陰キャラママ

 

もたくさんいるはずですよね。

 

かくいう私も、ママ友がほとんどいないぼっちママ(そして隠れオタママ)です!

 

ぼっちママになった過程①~子育て支援センター編~

みにぃ
みにぃ
子供が生まれるのを機に、私も明るいママに生まれ変わりたい!

私は長男がまだお腹の中にいる頃から、そんな理想を抱いていました。

 

長男がまだ生後半年くらいになるまでは、あまり外に遊びに行くこともできずまともに人と話をしていなかった私。

そこで私が向かったのは自治体の”子育て支援センター”でした!

みにぃ
みにぃ
ここで、他のママさんと仲良くなれるかな…!

と胸をドキドキさせながら入る私。

 

しかし、入って私は固まります。

 

既にもうママさんのグループが出来上がっているのです。

社交的な人ならば、あの高い壁を軽く乗り越えていくことができるのでしょう。

しかし小心者でビビりな私には、あの固い牙城を切り崩すことができませんでした。

 

結局息子と二人でひたすら積み木を積み、一時間後にその場を去ったのです。

 

周りの人に挨拶はしたのですが、それ以上会話が発展することはありませんでした。

それ以降は結局ママグループに突することができず、徐々に支援センターからはフェードアウトしていく私たち親子…。

 

ぼっちママになった課程②~幼稚園の役員編~

なんとか一日一日を過ごし、やっと息子は幼稚園に入園することに!

一学年で60人近くいる、私の地元では割と大きい幼稚園です。

ほとんどが知らない人ばかりでひたすら心細い私…。
バス通園を選んでしまったため、他のママさんとすれ違う事もありません。(後で自宅送迎に変更しました)

そこで、ひらめいたのです。

父母会役員になれば、嫌でも他のママさんとお知り合いになれるのではないかと!

 

そうして私は役員に参加をします。

 

しかし、役員になってもやはりコミュニケーション能力は必要でした。

役員の仕事をしながら子供の話を軽くしては見るのですが、どうも会話が続かない。

一つ話をすると、次にどういう会話をしたらいいのかわからないのです。

 

結局、話をしようとするよりも黙々と仕事をしている方が楽なことに気が付いてしまい役員を通じてのママ友作りは失敗をしてしまった私。

 

みにぃ
みにぃ
ここのハードルも…越えられなかったぁ~!!

 

そしてついにぼっちママにとって辛いイベントがやってきます。

ぼっちママ試練のイベント~年少~年中の親子遠足編~

これがぼっちママの私にとって、最もつらいイベントでした。

親子遠足です。

息子はもう仲の良いお友達はいたのですが、その子のお母さんは別のママさんたちと行動をしていたのです。

 

みにぃ
みにぃ
あ、あの中に入れてくださいと言えないっ…!

ママさんグループにポンっと入ることを尻込みをしてしまい、息子と二人だけで遊園地を過ごしました。

特にランチタイムは厳しい時間でしたねぇ…。
誰も見ていないと思うのですが、とにかく人の目が気になりました。

 

バスに帰ったころはぐったりでしたが、息子はとても楽しかった様子。

たとえぼっちであっても、終わりよければ全て良しなのかもしれません。

 

ぼっちがちょっとだけ楽になれた頃~年長~

おとなしく自分からは飛び込むのが苦手だという息子でしたが、運よくやんちゃなリーダー格の男の子ととても親しくなり、一気に遊び仲間が増えました。

 

遠足もその子たちのママさんたちと行動することになり、見た目にはぼっちママを抜け出します。

明るいリア充ママが多く、実際の私は浮いていたと思うのですが、話が食い違ってしまっても嫌な顔もせずとてもいいママさん達でした。

 

元々イベントが少ない幼稚園でしたので、遠足さえ切り抜けて後はきちんと挨拶さえできればぼっちを回避できるようになりましね。

 

そのまま卒園を迎え

見事ぼっちママ卒業!!

 

 

…と思っていたのですが

長男より三つ年下の次男がまた幼稚園に入ることになり、また私の新たなぼっちママ生活が始まることになるのです。

 

またまたぼっちママに返り咲いてしまった、私なのでした…。

 

まとめ

大勢で居ても一人でいても、特に気にしている様子でない長男を見ていると

結局ぼっちが寂しいのかどうかは、その人の主観の問題なのではないかと思うのです。

 

元々私は一人で過ごすか、少人数でいる方が好きなんです。

一人になりたいのか、それとも”ぼっち”と思われるのが恥ずかしいのか

どちらの気持ちが勝っているのかが自分でもわからずにいます。

 

まだまだ試行錯誤中ですが、自分を恥じることがないママでいるために、色々と学んでいる毎日です。

 

子供だけでなく、親も成長が必要ですね^^

 

読んで下さり、ありがとうございました!!

次の記事でお会いしましょう~。